家族みんなが楽しめる庭造りを!

庭の大きさを確認しておこう

23区内の場合は少し難しいですが、郊外に住宅を持つと建売住宅でも立派な庭がついていることがあります。多くの場合、最初から整備されているわけではなく、自分たちで作り込む楽しみを味わうことができます。庭作りを行う場合には、家族で楽しめる庭を作る必要がありますが、その前にその大きさをよく確認しておく必要があります。例えば、子供がバスケットボールの練習をするためにゴールを設置しても庭が小さすぎては楽しく遊ぶことができません。あまり狭いところだと、隣の家の庭にボールが入ったり車にぶつかってしまい何かと迷惑をかけることになるでしょう。
逆に、広すぎる庭の場合すべてに手を加えるとお金がかかりすぎてしまいますので、要注意になります。

どのようなデザインにするか

庭作りをする場合には、どのような方向性の庭にするかによって、大きく見た目や使い方も変わってきます。例えば、少し味気ないですがすべてをコンクリートにしてしまう方法もあります。この方法だと、雑草などが生えてこず管理が非常に楽になります。ただ、コンクリートの場合若干お金がかかる点は、気にしておかなければならないところでしょう。
これに対して、庭を芝生にするような方法もあります。芝生のメリットは、小さな子供がいる場合や犬などがいる場合に遊ばせることができることです。また、タイルやコンクリートにするよりも費用が安くなるメリットも存在します。ただ芝生の場合には、ランニングコストが多少かかり、草刈りを定期的にしなければならないことや枯れた芝をもう一度植え直さなければならないこともあります。