お庭が欲しい人必見!庭付きの家を建てるときの注意点

庭の利用計画を立てよう

庭付きの家を建てるときには庭の利用計画を立てるのが大切です。庭に憧れがある人は庭は広い方が良いと考えてしまう場合もよくありますが、注文住宅を建てるときに購入する土地は広くなるほど費用がかさみます。必要十分な広さの庭にするのが経済的には合理性があるため、何に使うかを決めてちょうど良い広さの物件を探すのが重要です。用途によって土地と住宅の位置関係にも違いが生じます。南側の明るいところに庭を作った方がガーデニングをしたり、遊び場としたりするには適しているでしょう。しかし、倉庫を作るような場合には日陰になりやすい北側の方が良い場合もあります。利用計画をまず最初に立てた上で住宅メーカーと相談するのが肝心です。

庭のメンテナンス計画を立てよう

庭付きの住宅を作り上げるときにはメンテナンス計画も立てておくことが必要です。例えば人気が高い芝生はメンテナンスに手間や費用がかかります。一方、土のままにしてしまうと乾燥する日が続くと土埃が気になるようになりかねません。砂利を敷くと歩きづらくなってしまうので歩行スペースには適さないものがあります。どのような形で庭を整えるかによってメンテナンスにかかる手間と費用に大きな違いがあるので気をつけましょう。業者に依頼すればメンテナンスをしてもらえますが、その費用を継続的に払うことになるのも念頭に置かなければなりません。その資金計画も立てた上で庭付きの家をデザインするのが、将来的にも美しい庭を維持するのに大切です。

建売住宅は、目で見て決められるという大きなメリットがあります。図面だけでは分からない問題点が、後で発覚するというリスクがありません。