こんな庭なら使いやすい!注文住宅のおすすめガーデン

まずは庭の用途を考えよう

どんな庭なら使いやすいのかと注文住宅を建てるときには思い悩んでしまうことがよくあります。その際にまず重要なのがどのような用途で庭を用意するのかを考えることです。何に使うための庭なのかによって仕様も広さも変更しなければなりません。ガーデニングをして楽しみたいと思っているのであれば、どの程度の広さでどんなデザインのガーデンを作り上げたいのかを考える必要があります。バーベキューができる庭にしたいと考えたら火を起こしても安心な程度の広さを作らなければならないでしょう。子供が遊べるプールを広げられれば良いというのなら狭い庭でも良いですが、日当たりが良くないと寒くなってしまう可能性があるので注意が必要です。

汎用性の高い庭の設計

まだどんな形で庭を使っていくのかわからないけれど使いやすいようにしたいと考えたら汎用性が高いように設計するのが大切です。庭での生活を楽しめるようにするには日当たりが良い方が良いので南側に用意するのを基本として考えるのが賢明でしょう。広さについては住宅の面積を優先して考えるのが無難です。活動をするためにはリビングと同じかそれ以上の面積が必要になると考えるのが妥当と言えます。庭の形として一辺が長い長方形にするのは良い方法です。長い距離があるとキャッチボールやフリスビーなどをするスペースとしても有効活用できます。半分に倉庫を建ててしまうといった工夫を後から考えることもできるので長方形にこだわるのは賢い方法です。

住宅に最低限必要な物として、給水設備、電気があります。分譲住宅は、大きな土地などを擁壁で区切り、給水管を通して家が建てられる状態にしてから、販売されます。